...pudding - diary


2016-08-30

_ [Software] CentOS6/RHEL6 で Let's Encrypt するとき python 2.7 は必須じゃないよ

CentOS6/RHEL6 で Let's Encrypt を使うにあたっての手順を検索すると、だいたいどこでも python 2.7 が必要で、この環境を整えるにはどうするかという話になっている。SCL なんかの仕組みを使って。

大丈夫。python 2.6 でも動く。

Redhat / CentOS 6.x users need python 2.7 - Server - Let's Encrypt Community Support

Letsencrypt client re-added Python 2.6 support. However Centos 6.x at least doesn't have python-virtualenv package, so requires EPEL yum repo for it https://github.com/letsencrypt/letsencrypt/pull/1241

というわけで EPEL のリポジトリから python-virtualenv と python-pip を取得すれば良い。

EPEL のリポジトリを常に enable にしておくのは気持ち悪いな、っていう場合は、 certbot-auto を動かす前に、EPEL のリポジトリから python-virtualenv と python-pip だけをインストールしておけばいい。

yum --enablerepo=epel install python-virtualenv python-pip

これでいいんじゃねえかな。rpmfind.net で rpm さがして持ってきてもいいけど。


2016年
8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter : @moriya_jp