...pudding - diary


2018-11-03

_ [クルマ] 普通の車に慣れたら普通の車が普通じゃなくなった

スバルXVに乗りはじめて1年ちょっと経つ。乗りはじめたときは「ふうん。まあ、普通だな」と思っていた。すっかりこのクルマの感覚に慣れた。

先日久々にトヨタのシエンタとラクティス、ダイハツのムーブをちょいちょいと運転する機会があった。

なにこれ!アクセル軽!遊びが多くてどこまで踏んでいいのかわからんくてドキドキする。最初の踏みはじめはそこそこの重さがある。けど踏み始めたら軽い軽い。遊び分を踏んでるのか実際アクセルが空いてるのかわかりにくい。ふにゃあーんと床まで踏めてしまう。

そしてハンドル軽!軽いからかタイヤの左右の向きもフワフワするししょっちゅう左右のずれを修正しなきゃいけない。足首に力の入らないランナーのようだ。イナカの舗装状態が悪い道路だとぐわんぐわんあっち行ってこっち行ってするので疲れた。

昔マーチに乗ってたときは、マーチもきっと同様のセッティングだったんだろうなあ、他の車に乗っても全然違和感なかったんだ。

その点 XV は結構がっしりとしてるんだなあ。乗り始めたときは普通だと思ってたけど、安定して普通というのは結構えらいことなんだな。

飛ばすような車じゃないんだよ、パワーがあるわけでもないんだよ、ただただ普通に走るんだよ。けどのその普通というのが、がっしりと安定した普通なんだよ。アクセルどのくらい開けてるか踏んだ感じでわかるし、ハンドルは切っただけ曲がるし、ハンドル切らなければ真っ直ぐ進むし。普通に。

高いセダンとか運転したことないからわからないけど、きっと高いヤツはこういうことが普通なんだと思うけど、この普通に慣れたら昔の普通には戻れないわ。


2018年
11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter : @moriya_jp