...pudding - diary


2018-11-23

_ [いろいろ] 椅子の座面が破れたので張替えを依頼したらとても良かったオススメ

うちのダイニングテーブルとチェアのセットですが買ってもう10年以上経ちまして、椅子の座面が悲しいことに破れてまいりました。鋭利なもので引っ掛けたというようなこともないですから、経年劣化でしょうね。


このまま破れたままみっともない気持ちで過ごすのも忍びなく、かといって椅子カバーや座布団を置いて誤魔化すのもキレイではないし、修理に出しましょうかと購入店(近所のホームセンター)に修理の見積もりをお願いしました。見積もり依頼後1週間ほどたってさんざん焦らせた返事がコレでした。

  • 座面張替え修理1脚あたり1万円、2脚なら2万円
  • 配送料3,500円
  • 納期は1ヶ月

いやいやいやいや、おかしいでしょう、無理でしょう、これなら新しい椅子を買うのと変わらないですし、それに納期1ヶ月て。どこの工場まで持っていくの。コレについてはお断り申し上げました。

ネットで探せばきっともっと素敵なサービスが有るはず。Googleで「椅子 座面 修理」で検索して出てきたところを順番に見ていき、良さそうだなと思った「椅子の張替え修理のアイランド」さんに注文してみることにしました。

そのときの記録です。


どんなメニューで張替え修理をするか決めてWebサイトから注文しますと、翌営業日には見積もりがメールで届きますので、納得したら座面を送ります。

僕の場合は以下のような感じで依頼しました。ホームセンターとぜんぜん違うぞ。

  • 座面張替え在庫の合皮でで1脚 1,300円、2脚で 2,600円
  • クッションの補充 1脚600円くらい
  • 配送料2,000円
  • 納期は到着日に修理で翌営業日返送

座面を外すのは簡単でした。椅子を裏返し、ネジを4本外すと座面が取れました。

外した座面の裏側です。薄い不織布が貼ってあるのですがもうボロボロと剥がれてきています。これはひどい。


これを、箱に詰めるとサイズがでかくなってしまいますので、紙袋につつんで宅急便でさあ発送です。


関東から月曜昼に発送し、火曜朝に現地に届きました。この時点で親切に「届きましたよ」のメールをいただけたので大変安心できました。

そして驚くことに、その日の夕方には「出来上がりましたので発送準備に入ります」と連絡のメールが。めっちゃ早い!

このときは西濃運輸が運んでくれました。店からのメールに書かれていた荷物番号を入力すると、なるほど、淡路島から東京に向かう便が表示されております。いいねえ。


そして翌々営業日、自宅に届きました。月曜に発送してその週の木曜には戻ってきたという感じです。とにかく仕事が早い!

プチプチで包まれた座面をさらに丈夫な梱包紙で包んだ形で返送されてきました。


梱包を解いてみると…おお!きれいになってる!どうみても新品ですといった雰囲気に生まれ変わってきました。

裏側の布も丈夫な布が丁寧に貼られています。ネジ穴の周りもステープラーで補強されていますので元の状態よりも良くなってます。座面にはクッションも補充してもらったので座り心地も新品時代の感触が復活しています。


座面を元通り椅子のフレームにネジ止めして椅子が元気な状態に戻りました。


これはいいわ。修理お願いしてよかった。たいへん満足度高いです。

みんなたちも自宅の椅子の座面がちょっとアレかなと思ったらさっくりと修理の注文をしてみると良いと思います。

特に破損してなくても、気分を変えるために違う色に張り替えてもらうのもありかもしれません。この値段なら気軽にお願いできてしまいます。

自分で作業すれば安いよ!と一瞬思ったこともありましたが、道具を揃えて材料を調達して(椅子の張替えキットが1脚分2,000円位で売ってる)、更に仕上がりがどこまで綺麗にできるかと思ったときに、費用時間仕上がり含めてコレはプロにおまかせしたほうが断然良いぞと、そう思ったのでした。


2018年
11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter : @moriya_jp