...pudding - diary


2020-01-25

_ [Hardware] ThinkBook14 の開け方

Lenovo ThinkBook 14 を買いました。2019 Winter の方です。CPU は IceLake 、Core i5-1035G4 で、ストレージは 256GB SSD M.2 2280 NVMe TLC です。今 Lenovo のサイトを見に行ったら売り切れてるようで購入できなくなってました。

Lenovo ThinkBook 14 (2019 Winter)| コストパフォーマンスを追求した14型ビジネスノートPC | レノボジャパン

さて、パソコン買ったらまずは何をするか。開けるでしょう。中を確認するでしょう。電源を入れる前にまず開けます。

裏返して10本のネジを外します。ネジを外すのは何ら難しくありません。

ネジを外したら、以下の写真の赤枠の部分、ここをエイヤッと引き上げるとバキバキッとカバーを剥がすことができます。割れない程度に無理しましょう。


以下の写真で、左下赤枠が 2.5inch のストレージを搭載可能なスペースです。ダミーのプラ板が入っています。右側の赤枠が 2280 サイズの SSD です。


SSD はシルバーのペラペラのものに包まれています。冷却用の部材でしょうか。

256GB のSSDとか狭くてとてもじゃないが暮らせません。大きなサイズのSSDに載せ替えます。SSDはネジ1本外せば取り出せます。

初期搭載のSSDは SAMSUNG MZVLB256HBHQ-000L2 です。PM981a と呼ばれるシリーズで、Read 3500 MB/s、Write 2200 MB/s と、なかなか高性能な部品です。

MZVLB256HBHQ-00000/07 | Samsung Semiconductor Global Website

※スペックシートを見ると型番の最後2桁はカスタマー用のコードで L2 はレノボ用に振ったコードだと思うんだけど何を意味してるんだろ。ただのバルクだと 00 が non-SED で 07 が SED です。

これを、コルセア MP510 960GB に載せ替えます。

Force Series™ MP510 960GB M.2 SSD


ついでに 2.5inch の場所はダミーのプラ板を外して 1TB の HDD を入れます。 Seagate Barracuda 2.5inch 1TB (キャッシュ128MB、プラッタ1枚、5400rpm)ST1000LM048 です。

ダミーのプラ板外しはネジが多くて面倒ですが順番に外せば問題なし。金属の枠とボディを止めている黒いネジが4本、これを外し、ダミーのプラ板と金属の枠を止めているシルバーのネジ4本、これを外せばOKです。HDDには外したのと逆順に付けていけば元通り。

もちろんですが 7mm 厚のものしかダメです。試しに 9mm 厚いにしえのHDDを付けてみましたがボディがクッソ歪んで蓋が閉まりませんでした。


ストレージがキレイにおさまりました。SSD を包んであるシルバーの熱を伝えるナニカ?も、元通り包み直しました。

元々入っていた 256GB SSD はチップが片面実装だったので余裕でしたが、交換した 960GB SSD はチップが両面実装でシルバーの包装の幅ギリギリでパツパツです。


はい、無事おさまりました。あとは元通り背面カバーをかぶせて、10本のネジを締めればできあがり。わーい!

次はSSDの中身移行です。なかなか起動できねえぜ。


2020年
1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Twitter : @moriya_jp