...pudding - diary


2019-07-21

_ [クルマ] スバル用 彩速ナビ(KXM-H701) ファームウェアアップデート

ファームウェアアップデートプログラム|カーナビゲーション|FAQ(よくあるご質問)およびバージョンアップ情報|ケンウッド

スバル用の彩速ナビ(型番:KXM-H701)のファームウェアアップデートプログラム「バージョン4.4.0008.0300」が公開された。

メインの修正点はコレ

ETC2.0車載機器と接続している状態で、エンジン起動時に“ETC2.0(DSRC)接続エラー”と表示する場合がある不具合を修正しました。

うちのも時々この表示が出てて、でもこの表示が出てもETC使えていて、何だろなー?接続不良かなー?とか思ってたんだけど、ソフトウェア側の不具合だったのね。さっさとアップデートしまして、さあ、これでエラーが出なくなれば良いな。再現のさせ方がわからないので確認のしようがないのだけど。

こうやって少しずつだけど修正が提供されるというのはユーザとしては見捨てられてないなというのがわかってホッとできる。


2019-07-19

_ [Android] Pixel3 と Huawei Health アプリ

ウォーキングやランニングの記録にスマートフォンとHuawei Healthアプリを使っている。

SHARP Android One S1 で使っていたときも、HUAWEI P20lite で使っていたときも快適に動いていたのだけど、Pixel3 ではどうにも調子が悪い。

Pixel3 と Huawei Health アプリの組み合わせでは(双方ともに2019年6月時点での最新バージョン)、アプリが本体センサの情報をうまく拾えないようでアクティビティの記録が不正となってしまう。例えばこんな。


注意

このセッションは、主要なデータ(距離など)が欠落していたり、データに異常があるため、個人結果として記録されません

異常がある、ですと? 確かにおかしい。歩数は3歩しか記録されてないし心拍数のデータが何もない。

何度かアクティビティの記録をやってみたが、上記例とはまた違うパターンで、心拍数は記録されているけど歩数が全く記録されない場合もある。

ランニングやウォーキングのアクティビティ計測をしていないとき、すなわち通常状態では問題なく歩数カウントなどできている。なので アクティビティ計測の時のみ情報が取れていないということだろうと思われる。

機器とアプリの相性なのかなあ。一応メーカーサポートには連絡してあるのでそのうち何かのタイミングで改善されたら良いなあ。

というわけでランニングやウォーキング時はまだ P20lite が現役である。Pixel3 に完全乗り換えには至っていない。併用している状態である。

あんまり例の無い組み合わせなのかな。


2019-07-17

_ [Android] Pixel3 用ケース(ファブリック)

Pixel3 と一緒に Pixel3 用ケースを買いました。
Pixel 3 Fabric Phone Case - Google Store
Pixel3 専用デザインとめっちゃ推しているケースです。


ケースはファブリック素材。外側はニット製の表地、内側はマイクロファイバー製の生地。本体に傷が付かなくて汚れも拭き取れて安心です。

ボタン部分にフォーカスするとこんな感じです。


さて。Googleはどーしてコレを公式サイトで唯一の推しケースとして用意したのだろう。Pixel3XL用ならまだわからなくもない。せっかく薄く小さく作った Pixel3 に厚手のケースを付ける意味とは!

ニット地なのでもしかしたら汚れが付きやすく落ちにくいかも知れません。ずっと手で持つものでしょうから手の汚れとかがつきやすいかもしれません。

表がニット地で、裏がマイクロファイバー地ですが、布を使っているおかげでどうしても厚みが出てしまいます。 このケースを付けると 側面が2mm、背面が1mm、くらいはどーしても大きくなってしまいます。いいの?それでいいの?

僕はこのケース、試しに付けたけど、厚さに耐えられずさっさと外してクローゼットに押し込みました。せっかく買ったのに残念です。公式ならではの本体の良さを殺さない薄くてそこそこの保護機能があるヤツを作ってくれれば良いのに。


2019-07-15

_ [クルマ][Android] ケンウッド彩速ナビとスマートフォン

ケンウッド彩速ナビ KXM-H701 を使っている。KXM-H701 はスバル型番で、ベースは MDV-Z704 である。 こいつに Android 機 を Bluetooth で繋いでみる。

まずはソース選択画面で Bluetooth を選択する。


近所にペアリング待機しているスマートフォンがあればペアリングの許可を求める画面が出て、そこでOKを押すとペアリングされる。

最初の一台ならそこですぐに接続が完了するが、2台目のスマートフォンを繋ごうとすると、どちらから音楽を流すのか確認する画面が出る。音楽を流したい方でペアリングするときチェックを付けて先に進もう。


複数台繋いでると、ハンズフリー通話のみのデバイスと、ハンズフリー通話+オーディオのデバイスがアイコンでわかるようになっている。


そして再生画面。左下に aptX と出ている。今接続されているコーデックだ。右下にはBTデバイス(この場合はスマートフォン)の電池残量も表示されている。


Pixel3 を接続したのだが、Pixel3 側の画面を見てみる。KXM-H701 が表示され、設定としては運転モードになっている。たぶんハンズフリー通話などができるようになっているのだろう。そして各種通知ポップアップは出ないようになっているのだろう。と思う。


デバイス名をタップしたところ。HDオーディオコーデックとしては aptX が使えており、さらに入力デバイスとしても有効になっている。キーボード入力ができたりするんだろうか。今度試してみよう。


P20lite を繋いだ場合。こちらでもオーディオコーデックが aptX で接続できているのがわかる。


Bluetooth で繋がるの便利だなーと最初は一瞬喜んだのだが、ちょっと使ってみて少し失望した。

まずオーディオの入力レベルが小さい。スマートフォン側でかなり出力を上げてあげないと音がとても小さい。この辺アナログじゃなくてデジタル処理なんだからうまいことレベルを合わせる処理をしてくれれば良いのに。

そして曲スキップ時のノイズ。ハンドルにある曲送りのボタンで次の曲に進むことができるのだけど、曲と曲の間で不快なデジタルノイズが「ビビッ」と聞こえる。BTのオーディオストリームががオフになる瞬間とオンになる瞬間だろうか。ビビッという音のノイズがスピーカから聞こえてきてチョイ不快。

音楽データをカーナビに渡すのはUSBメモリ経由でいいや。


2019-07-13

_ [オンガク] yes,mama ok? 新宿カールモール

yes,mama ok? のライブを見に。 【KARL MOHL(カールモール)】新宿のライブサロン・ライブイベント

タックはポマードで固めた髪に黒いサングラスでかっこよく…レンズに脂がついてたようでギラギラして何も見えねえとのこと。途中で外してました。


ギター1本、ベース1本で曲を次々と。ドラムが入るともっと締まるのになー!

最後のエリオトロープの香りにあの夏のことを思い出す歌でじんわりと沁みました。

店のスタッフとミュージシャンと客と合わせて20人いないくらいのこじんまりとした空間で目の前で見れて、いやあ素敵でした。


2019年
7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter : @moriya_jp