...pudding - diary


2007-03-14

_ [オコサマ] 川崎市は子育て向きじゃないね

平日普段は俺仕事、相方が家で子供の相手、いわゆる主婦。

そんな平凡な日々のなか、相方がちょっと病気で一週間ほど入院。

さあ困った。

オコサマをどうする。

 ■一時保育

各自治体には一時保育事業というのがあって、保護者の突然の病気などにより一時的に保育が必要なときに使える制度がある。

俺の住んでる川崎市は→ 川崎市-制度-児童-保育・子育て-一時保育事業。一日あたり2300円。

勤務先である中央区は→ 緊急一時保育事業 中央区ホームページ。一日あたり1500円。

中央区いいなあ。その分住民税が高いんだろうけど。

 ■実際のところ

制度があると言っても、ココで安心したら負けだ。

紙の上で決まってるだけで実態が伴ってないことが多々あるだろう。

各幼稚園と交渉しろとのことなので、リストに載ってて近所にある幼稚園に問い合わせてみた。

年度頭に事前登録が必要である、とか、現在はイッパイである、とか、そんな感じで受け入れ先は無かった。

とりあえず自治体的にはどうなのよと区役所に問い合わせたところ「認可園は無理でしょうねー、無認可で探してください」という口調は優しいが内容的には冷たい反応。

俺の住んでる辺りは突然の人口爆発で、子供の数に保育施設の数が全く追いついていない状態なので仕方ないか。

勤務先のすぐ近くにある中央区の園とか使えたら便利かも、と問い合わせてみたら、区の住民じゃないと(区に住民票がないと)ダメ、とのことでコレも却下。

よって、預けれそうな距離にある認可園は全滅。

仕方なく近所の無認可園に預けることにした。

朝7:30から夕方18:30まで預けて1万円オーバー。認可園の約5倍。

俺の一日分の収入がオコサマの一時保育で消える計算。

とても親切だったし、オコサマも楽しそうだったのが救い。

何があるかわからない日常の中で、自治体は子育てを助けてくれない。裕福でなければ子育てはなかなか大変である。

こりゃ少子化が進むのは当然だな。


2007年
3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter : @moriya_jp