...pudding - diary


2017-05-12

_ [Software] OneDrive に Files On-Demand が戻ってきた

Introducing OneDrive Files On-Demand and other features making it easy to access files - Office Blogs

これだよこれ。ようやくOneDriveを拡張ストレージという気分で使えるようになるよ。

ただデカイ容量のクラウドストレージというだけでは使いにくい。WEBインターフェースを一層挟むだけで一気にめんどくさくなる。エクスプローラに統合されてると使いやすさが段違いである。

OneDriveもエクスプローラ統合して使えるのだけど、その場合クラウドとローカルが同期されてしまう。クラウドに100GBのデータを置いておきそのフォルダを同期対象とした場合、ローカルにも同一のデータが100GB存在してしまう。クラウドを拡張ストレージとして使えない。ただの同期先としてしか使えない。

同期に意味がある場合はこれで便利なのだけど、ローカルが手狭なのでクラウドに逃がしたい、けど操作性は落としたくない、というときこの仕様では全く使えない。

Windows8.1 の OneDrive ではそんなことはなく、ローカルにはメタデータだけがあり、ファイルが存在しているように見える。ただし実体は存在しない。クラウドの1TBをフルに使った場合、同期ではないので手元に1TBの容量は必要としない。メタデータだけしかない。

実際にファイルにアクセスする要求を出したとき、その時点で対象のファイルだけバックグラウンドでデータを取得してくる。ローカルストレージが狭くてもぜんぜん問題ない。

この Windows8.1 の頃の仕様がようやく戻ってくる。マジ早くしてくださいよ。クラウドブックとか言われるストレージの小さな安価な機械はコレがないとぜんぜん使えないんですから。



Twitter : @moriya_jp