...pudding - diary


2019-08-06

_ [オデカケ] 東武ワールドスクウェアのおもてなし

東武のスペーシアという特急がある。

この特急には、電車ではなかなか珍しい個室が設定されており、1室約3,000円で使うことができるのだ。1人だろうが2人だろうが6人だろうが。1編成に6室なので当日…というわけにはいかず予約は必要だと思われる。

コレにのりたい!ということで週末に家族旅行を執り行った。スペーシアにのるので行き先は鬼怒川である。無事個室の予約も取れたので安心して出発である。

ちなみに新宿発のスペーシアもあるが、こちらはJR区間の個室料金が東武の区間とは別料金となるので都合一室6,000円ほどとなる。新宿の方が使いやすいのは大変よくわかるがその辺だけ注意をする必要がある。

さて我々は東武の浅草駅にやってきた。ほどなくしてホームにスペーシアがスルスルと入ってきた。今回乗るのはこいつである。


乗り込んでいざ出発。しばらくは都会の風景が続く。個室の窓は広く、弁当にかぶりつく我々は各所の駅ホームで電車を待つ人からじろじろ見られる。見せモンじゃねえぞオラ!

が、春日部を過ぎると徐々にのどかな風景になってくる。まさに旅、といった雰囲気である。

しかしこの個室なかなかに快適である。カップルで、ファミリーで、友人たちと、様々に楽しめるのではないか。大人4人で余裕を持って座れる広さ。こどもを含めれば6人座ることも可能である。


2時間ほどで東武ワールドスクウェア駅に到着した。本日の目的地はここ。テーマパークの駅だからそこそこの存在感を勝手に脳内で想像していたのだが…

実際降り立ってみて思ったのは「ちっさ!」


季節は真夏である。

東武ワールドスクウェアはご存じの通り世界中の名所をミニチュアで再現した場所である。屋外である。まさに夏、暑さしかない。大丈夫だろうか。

安心して欲しい。保冷剤である。おもてなしである。


園内には何カ所か保冷剤配布場所があり、キンキンに冷えた保冷剤を使わせてもらうことができる。僕は帽子の中に保冷剤を入れ、頭を冷やして見て回った。

数年前の真冬にもここに来たことがある。そのときはカメラを構える指先もガクガク震えて写真どころではない寒さだったが、入り口では使い捨てカイロを配布しておりそいつを手にどうにか乗りきることができた。おもてなしである。

東武ワールドスクウェア内の各オブジェの写真は世の中にクソほどあると思うのでどうでもいいやつを紹介する。

アメリカ、ホワイトハウス。


中央部分を拡大すると。大統領がしっかり更新されている。


街の風景のジオラマ。特急が良い具合にカーブするところである。


橋の上には撮り鉄が!


そういえば同じスペーシアに乗ってたちびっ子が着ていたTシャツに「電車は撮るもんじゃねえ!乗るもんだ!」というアツいメッセージが書かれていた。

いやあ乗った乗った。


2019年
8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter : @moriya_jp