...pudding - diary


2021-07-12

_ [メモ] エアコンのクリーニングを専門家に依頼して大正解

リビングのエアコンが汚れに汚れていてね。設置して15年経つエアコンで。その間市販のスプレーで何度かシューシューやってはいたけどそれだけで、隙間から中をのぞき込むとそりゃあ真っ黒で。

こりゃあ掃除屋さんに依頼するしかないかなと。発注してみました。

水と電気を使うので、水道とコンセントの使用を求められます。あとプラ部品などを洗浄するので浴室の使用を求められます。良いです良いですじゃんじゃん使ってください。

掃除当日。テキパキと解体されていきます。

姿を現したエアコン室内機の本体はこの有様です。埃とカビにまみれておりました。


ビニール袋のようなもので養生して清掃です。よく広告などで見る風景です。露出したフィンやファンなどに洗剤をシューシュー吹きかけて最後は水流で流していきます。


そしてキレイに。全然色が違う。生まれ変わったようだ。


さて室内機はすっかりキレイに生まれ変わったのだが、室外機はどうすれば良いのだろう。

室外機は元々外に置いて放置して平気なように設計されているので、室外機の本格的なクリーニングは不要と思われる。

掃除屋のおにいさん曰く「室外機はクリーニング不要」「リビングやダイニングのエアコンなら 3~4年に1度クリーニング業者に依頼するのが良いだろう」「ダイキンはメンテナンスしやすい」とのこと。こいつが壊れて次のを買うことになってもまたダイキンにしよう。


2021年
7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter : @moriya_jp